SMBCモビット 自動契約機(無人契約機)キャッシングやり方

SMBCモビット 自動契約機(無人契約機)即日融資キャッシング
SMBCモビットの自動契約機は、ローン申込機と呼ばれており、ビルの一角や街中に電話ボックスのような形で設置されています。

さらに、2017年からは三井住友銀行のローン契約機からもSMBCモビットカードローンの申し込みが可能になりました。そのため、利用できる自動契約機の数が増え、利便性も高くなってきています。

ローン申込機でもローン契約機でもできることは同じで、申し込みからカード受け取りまでの一連の手続きを完了させることができます。

しかし、SMBCモビットの場合、アコムプロミスのような流れとは違い、「カードを受け取った後に審査」というちょっと変わった仕組みとなっているのです。

今回はSMBCモビットのローン申込機や自動契約機で申し込みをした場合の手続きの流れやキャッシング方法などについて説明していきます。


<もくじ>

SMBCモビット ローン申込機・ローン契約機でできること

他社の自動契約機同様、以下のような申し込みに関する手続きができます。

・カードローン申し込み
・審査
・書類提出
・カード発行

しかし、SMBCモビットカードローンの申し込みから一1連の流れを全て自動契約機でしなければならないのではありません。

インターネットなどから申し込みをした後、カード受け取りだけを申込機で行う方もいれば、自宅での書類提出が面倒なため、書類提出だけを申込機で行うという方もいます。

(※自宅での書類提出は、アプリを利用するかパソコンに画像を取り込んでからになるため、この作業が面倒と感じる方は申込機から行うそうです。申込機での書類提出は指定の場所へ書類をセットするだけでスキャンされるので誰でも簡単に行えます)

ただし、自動契約機や申込機は申し込みに関する手続きがメインですので、実際にお金を借りたり返済したりするのはSMBCモビット提携のATMを利用しなければなりません。

SMBCモビットカードローンの必要書類備

①本人確認書類
・運転免許証
・パスポート
・健康保険証
など。

他社では、顔写真のない証明書の場合、住民票など現住所がわかる書類も一緒に提出しなければなりませんが、SMBCモビットの場合は、健康保険証のみでも大丈夫です。(SMBCモビット確認済み)

ただし、Web完結申し込みの場合は、顔写真のある運転免許証かパスポートしか受け付けてもらえません。実際にSMBCモビットに電話をかけて聞いてみたのですが、免許証もパスポートも持っていない方はWeb完結の申し込みはできないそうです。(Web完結ではない、インターネット申し込みなどは、健康保険証でも可能です)

②収入証明書
・直近2か月分の給与明細書、1年分の賞与明細
・源泉徴収票
・所得証明書
・確定申告書
・税額通知書
などの写し。

また、個人事業主の場合は、「営業状況確認のお願い」をSMBCモビット公式サイトよりダウンロードして、必要事項を記入したものの提出を依頼される場合もあります。

基本的には希望借入額が50万円以上の場合か、もしくは他社からの借り入れと今回借り入れる額を合計すると100万円を超えてしまう場合、SMBCモビットの場合、収入証明書が必要になります。

あくまでもその人の審査状況により必要書類が変わってくるので、審査をしてみないことには、必要かそうでないかはわからないとのことでした。

必要がなくても、収入証明書を提出することで審査に通過しやすかったり、増額となるケースがあるのか確認してみたところ、以下のような回答をいただきました。

「いえ、そのようなことはありません。審査の中で必要だと判断したときに提出していただくことで審査に通過できるということはありますが、特に問題のない方があえて証明書を提出することで増額するなどはありません」

必要だと言われた時だけ提出するといいようですね。

SMBCモビット ローン申込機・ローン契約機の使い方

SMBCモビット ローン申込機・ローン契約機の使い方
SMBCモビットの自動契約機を使った場合の流れは、場合によってさまざまです。審査の状況によってどんどん変わってくるので、まずは一般的な流れについてお話していきたいと思います。

基本的な流れは以下のようになります。

①カードローン審査申し込み
②必要書類を提出
③カード発行
④本人確認の電話
⑤SMBCモビット審査
⑥契約書類発行、郵送
⑦返送
⑧キャッシング開始

SMBCモビットの場合、「カード発行後に審査」という点が、アコムの自動契約機「むじんくん」プロミスの自動契約機の申し込みの流れと大きく違う点です。

審査をしていないのにカードを手にすることが出来るというのは、どういうことなのでしょう?

では詳しく見ていきましょう。

カードローン審査申し込み

SMBCモビットのローン申込機(ローン契約機)の中に入り、タッチパネル式の画面に触れながら、以下のような内容を入力していきます。

・氏名
・生年月日
・郵便番号
・住所
・勤務先
・年収
・借り入れ希望額
(あまり高くすると審査に通りづらくなるかもしれません。必要最低限の金額にとどめおいたほうが安全です)
・他社の借り入れ状況
など。

ここでは簡易的な審査となるので、数分で終了できるでしょう。郵便番号等わからない箇所があった場合は「不明」ボタンを押して次に進むこともできるので、安心です。
 

必要書類を提出

本人確認書類や収入証明書を提出します。指定の場所に書類を置いてスキャンするだけなので、こちらも簡単に終了します。

カード発行

仮審査の結果、問題がなければ、ここでSMBCモビットのローンカードが発行されます。カードを受取ったらその場を離れることもできます。

仮審査の状況によっては、本審査が完了するまでカードが発行されないこともあるそうです。この場合は、カードを受取るまでSMBCモビット申込機(契約機)を離れることができません。もう少しその場で待機しましょう。

しかし、「カードを先に受け取ったから審査に通れる」「カードをすぐ受取れなかったから審査に通れない」というわけではありません。その人の審査状況によって変わることなので、カード発行が遅いからといって特別気にする必要はないそうです。

もし仮審査の後すぐにカードを発行してもらえると、そこまでの手続きにかかる時間は5分~10分程度です。狭い空間で長時間待たされることも拘束されることもないのは嬉しいですね。

しかし、注意していただきたいのは、カードが発行されたからと言って、そのまますぐ借り入れができるというわけではないということです。ただカードを受取っただけであって、この後行われる本審査に通過できないとカードを使うことができないのです。

もしも本審査に通過できなかった場合、カードを受取ったとしても使用できないままなので、自分で破棄することになるそうです。

本人確認の電話

カードを受取った後、本人確認が電話で行われます。

SMBCモビットローン申込機の中には電話が備え付けられているので、「このまま、申込機の電話でお話しますか?それとも携帯電話などにかけますか?」という質問をされます。

①このまま話すことを選択した場合
このままお話することを選択すると、もう少し申込機の中に待機しなければなりません。

この電話にて本審査に必要な情報を集めることになるので、SMBCモビット担当者に様々な質問をされるでしょう。これも審査状況によって質問内容も変わってくるため、どんなことを聞かれるかはわからないのですが、個人情報(年収、家族構成、勤務先の詳細、詳しい借り入れ状況など)を口頭で伝えることになるでしょう。

三井住友銀行のローン契約機は天井と足元は開いているため、会話の内容は外に漏れてしまう危険性があります。周りが騒がしければそれほど気にならないとは思いますが、気になるようであれば、携帯電話へお願いするか、SMBCモビット独自の自動契約機から申し込んだ方がいいかもしれませんね。

ただし、審査状況によっては、携帯電話ではなくその場で話すことを依頼されることもあるそうです。

②携帯電話へかけてもらうことを選択した場合
携帯電話の方へかけてもらう場合は、SMBCモビットの申込機を出て、自由に電話を待つことができます。

ただし、この場合もかかってきた電話で個人情報を伝えることになるので、出先では話しにくいですね。

そのため、かけてもらったときに「もう少し後にしてほしい」というお願いもできるそうです。自宅に戻ってからゆっくり電話することもできるので安心です。

しかし、この電話で追加の提出書類を依頼されることもあるそうです。

追加の書類は、インターネットに画像を取り込んで提出したり、スマホのアプリを取り込んでそこから提出することも可能ですが、提出を依頼された書類が手元にあったり、区役所で取得するものだった場合、自宅に戻る前に必要書類を聞いて、SMBCモビット申込機から提出したほうが早いですね。

電話がかかってきて、その場で個人情報を話すのが難しい場合は、「もう少し後にしてほしい」と伝えると同時に、必要書類だけ先に聞いておくといいかもしれません。

SMBCモビットの本審査

審査に必要な情報や書類が全て集まると、SMBCモビットの本審査に移ります。

先ほどの電話を受けることですぐにカードが使えるわけではありません。先ほどの電話は本人の確認をしただけであって、SMBCモビットの本審査はこれからだからです。

本審査の結果問題がなければ、再度メールか電話でSMBCモビットから連絡が来ます。ここで審査に通過したことと、利率や限度額などを伝えられるので、内容に問題がなく、確認の返答をすると、晴れてカードを使い即日キャッシングすることができます。

ただし、誰もがこの時点でカードを使えるようになるわけではなく、仮審査に通過したけれど、SMBCモビットの本審査に通過できず、カードが使えないままという方もいるのです。

契約書類発行、郵送

本審査に通過できると、以下のような書類が発行されます。

・入会申込書
・契約内容確認書
・預金口座振替依頼書
・入会申込手続きの案内
・会員規約
・提携ATM一覧
・返済日や返済額についての案内

しかし、SMBCモビットに確認しましたが、その人や審査状況によって発行される書類も違ってくるそうです。

追加で審査をするために、記入するべき書類が発行される場合もありますし、希望があれば、返送すべき書類をインターネットから入力できるように変更されることもあるそうです。

ただし、これもその人の審査状況などによって対応も変わってきてしまいます。審査によっては直筆のものが必要となることもあるため、「郵送してほしくない」という希望があったとしても、絶対に郵送物をなくすということは約束できないとのことでした。

書類をSMBCモビットに返送

郵送物をなくしてほしいという要望がある方は、インターネットからの入力で確認をとるようにすることもあるそうですが、SMBCモビットから送られた書類を確認後、記入し返送するという流れが基本ではあります。

「SMBCモビットは郵便物がない、電話連絡もない」と言われていますが、これはWeb完結の場合のみであって、通常のカードローン申し込みの場合は郵便物も発生してしまいますし、電話連絡や勤務先への在籍確認も行われます。

郵便物や電話連絡を避けたい場合は、カードレスのWeb完結申し込みを選びましょう。

キャッシング開始

カード利用開始の連絡をもらうと晴れて即日キャッシングすることができます。

使えるタイミングは人によってさまざまになるため、郵送書類を受け取る前にカードが使えるようになる方もいれば、郵送書類を受取り、記入し、返送手続きを済ませて、その書類がSMBCモビットに到着し確認ができてからカードが使えるようになるという方もいます。

このように、SMBCモビットはその人の状況次第で、審査の流れはどんどん変化していき、必要書類やカードを使えるタイミング、郵送物の内容なども人それぞれとなっています。

そのため、SMBCモビットの場合、実際に申し込み手続きをしてみないことには、どのような流れになるかということは、一概には言えないというのが実情です。

即日キャッシング可能!SMBCモビット自動契約機 おすすめの利用方法

即日キャッシング可能!SMBCモビット自動契約機 おすすめの利用方法
SMBCモビットの自動契約機から申し込みを行ってもいいのですが、上の流れを見てもわかる通り、実際にはそこでは仮審査が行われるだけで、本審査の結果は後から電話かメールで届くことになります。

さらに、SMBCモビットの自動契約機に行くと、カードをその場で受け取ることができるので、郵便物が発生しないように思うかもしれませんが、カードをその場で受け取ることができたとしても、カード以外の書類が自宅に郵送されてくることになります。

郵便物も発生するし、電話連絡もある、という状況になるので、自動契約機へ行くからこそのメリットが見当たらないのです。

考えられるメリットはと言うと、以下のようなことになります。

・本人確認書類などの提出が簡単(指示された場所にセットするだけなので、パソコン等から画像を取り込んだり、アプリを利用する手間を省けます)
・使えるか使えないかはわからないけれど、カードそのものはすぐに手にすることができる

しかし、以下のようなデメリットの方が気になります。

・申込機へ行っても、他社のようにカードを受取ってすぐ借り入れ開始とはならない。
・本審査の通知が来るまで待つという点は、インターネットから申し込むのと変わらない。
・せっかく申込機まで行っても、追加書類の提出を後から命じられ、再度用意して申込機へ行く必要が出る場合もある。
・その場で電話による審査が開始すると、個人情報を声に出して伝えなければならない。
・三井住友銀行内のローン契約機からだと、声が外に漏れてしまう。
・申込機へ行ってその場でカードを受取っても、郵送物が発生する。

SMBCモビットの申し込み手続きはスマホやPCを利用して自宅のインターネットからも行えますし、インターネット環境が整っていない場合は、多少通話時間はかかりますが、電話からも申し込むことができます。

出先で個人情報を伝えるよりは自宅で電話をかけたほうが話しやすいでしょうし、インターネットならなおさら自宅にいながら手続きができるので便利ですね。

ただ、そのまま電話やインターネットから手続きを進めていくと、カードも郵送により受け取ることとなってしまいます。

もし、カードをすぐ利用したい場合は、カードが送付されてくるのを待つよりも、SMBCモビットの申込機へ行って受け取った方が早いでしょう。

そこで、私がお勧めしたいのは「インターネットで申し込みを完了させ、審査に通過できたとわかってから、必要書類を聞いて、申込機へ行って手続を済ませてカードを受取る」という方法になります。

こうすると、本審査通過までの待ち時間も自宅で他のことをしながら過ごすことができますし、必要な書類は全て準備して一気に提出してしまうことができます。

そして、SMBCモビットの審査に通過すれば、カードが郵送されるのを待たずに、申込機から受け取ったカードを使ってATMからすぐキャッシングできます。(審査の状況によっては、郵送されてきた書類に必要事項を記入して、返送してからの利用開始となることがありますが)

もちろん即日融資キャッシングも可能です。(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合あり)

もし、目の前にSMBCモビットの申込機があるという場合はそのまま入ってしまってもいいですが、申込するためにわざわざ申込機まで行こうと思っているなら、先にインターネットか電話で申し込みをしておいた方がスムーズでしょう。

インターネット申込は以下から行うことができます。

また、簡単な項目の入力だけをして、電話にて急ぎだと伝え、そのまま詳しい情報を口頭で伝えることで、素早く審査に移ってもらうという方法もあります。

SMBCモビット 自動契約機のメリット・デメリット

SMBCモビット 自動契約機のメリット

カードはすぐに発行・拘束時間が短い

アコムの自動契約機「むじんくん」プロミスの自動契約機だと審査が完了してからカード発行となるため、審査が終わるまでずっと自動契約機の中で待機しなければなりません。

申し込みからカード発行までを全て自動契約機で行うと、30分~1時間程度その場で拘束されることとなります。

外に出ると個人情報が他人に見られてしまうかもしれないため、カードが発行されるまで外に出ることができないのです。

しかし、SMBCモビットならカードを受取ってすぐに自動契約機を出て、自由な時間を過ごしながら結果を待つことができるのです。早い場合だと、自動契約機の中に居る時間は5分~10分程度でしょう。

長く待たされることがないのは嬉しいですね。

また、後から確認の電話はかかってきますが、確認が終わり、無事審査に通過できたことを知らされると、すぐに受け取っていたカードで即日キャッシングすることができます。

ただし、審査が順調に進まなかった場合、郵送でのやり取りが終了してからとなるかもしれないので、そうなるとカードが使えるようになるまでに1週間くらいかかってしまうかもしれません。

また、仮審査に通過できたとしても、本審査で通過できないということももちろんあります。この場合、せっかくもらったカードは破棄することになってしまいます。

すぐ審査に通過できる方にとっては早いカード発行は最大のメリットとなりますが、審査に時間がかかる方にとっては、目の前にカードがあるのにキャッシングできないというのはもどかしいかもしれませんね。

自動契約機は完全個室

アコムやプロミスなど他の消費者金融と同様にSMBCモビットの自動契約機は個室となっています。中から施錠できるので、他の方が入ってくる心配はありません。

SMBCモビット 自動契約機のデメリット

SMBCモビットから郵送物が来る

SMBCモビットの場合、「Web完結申込」で「カードレス」を選択すると、郵便物が発生しないため、家族に知られたくない方におすすめですが、通常の申し込みの場合は郵便物がきます。

他社では、自動契約機へ行くとカードと同時に契約書類などもその場で発行してもらえるので、自宅への郵便物をなくすことができるのですが、SMBCモビットでは例え自動契約機でカードを受取ったとしても、契約書類等は郵送となってしまいます。

SMBCモビットで、郵便物を避けたい場合は、Web完結申込にした方が安心ですね。

Web完結にするとカードレスの取引となるため、振込融資しかできないように感じますが、実は今SMBCモビットではスマホアプリを利用してセブン銀行からキャッシングすることもできるようになっています。

Web完結にしても、カードレスでも、現金での即日キャッシングが可能です。ただし、本人確認書類として運転免許証かパスポートを提出できる人に限ります。

SMBCモビット独自のローン申込機の数が少ない

都心には多くの自動契約機が設置されていますが、SMBCモビットの自動契約機は全国で約350台程度ですので、田舎へ行けば行くほどなかなか申込機を見つけることができないかもしれません。

SMBCモビットの申込機へ行くためには、街中まで出ていかなければならないので、気軽に立ち寄れる感じではないですね。その県によっては1台も設置されていない場合もあります。

また、三井住友銀行のローン契約機でもSMBCモビットの申し込みが可能になりましたし、三井住友銀行のローン契約機は全国各地に約700台も設置されているので利便性は上がりそうですが、三井住友銀行もまた街中にあるため、どんな方にとっても便利な場所にあるとは言えないかもしれません。

自動契約機には椅子がなく狭い

他社より自動契約機での滞在時間が短いせいかもしれませんが、SMBCモビット独自のローン申込機にも、三井住友銀行のローン契約機にも椅子が設置されていません。

また、アコムやプロミスのようなゆったりとした空間ではなく、電話ボックス程度のこじんまりとした部屋となっています。SMBCモビットの場合、待機時間は短いため、それほど気にならないかもしれませんが、他社と比べると圧迫感があるかもしれませんね。

座りながらゆったりとカードローンを申し込むという雰囲気ではありませんね。

カードを使えるタイミングはそれぞれ

SMBCモビット自動契約機のメリットの部分でもお話しましたが、申込機でカードを発行してもらうまではとてもスピーディーではあるものの、カードを受取ったからといってすぐにキャッシングできるわけではないのです。

カードを発行してから本審査に移ることになるので、審査完了するまでせっかく手に入れたカードを使うことができません。

いつ審査が終わるかわからないし、場合によって審査に関する書類が自宅に郵送され、それを返送し、さらにその返送書類をSMBCモビットが確認し終えるまでカードを使えない場合もあります。

SMBCモビットの基本情報

営業時間

・三井住友銀行内 ローン契約機:9時~21時(土日祝日もOK) 
・SMBCモビット ローン申込機:8時~21時(土日祝日もOK)
・三井住友銀行ATM:24時間
(※一部店舗は営業時間が異なる場合があります)

・インターネット:24時間
・電話 自動音声案内(0120-24-7061):24時間
・電話 オペレーター対応 申し込み(0120-03-5000):9時~21時
・電話 オペレーター対応 各種問い合わせ(0120-24-7217):9時~21時

キャッシング内容

・実質年率:3.0%~18.0%
・借入限度額:800万円

SMBCモビット自動契約機設置場所

SMBCモビットではスタッフがいる有人店舗を用意していません。そのため、SMBCモビットでいう店舗とは、無人のローン申込機を指します。

SMBCモビットのローン申込機や三井住友銀行内のローン契約機(三井住友銀行のローン契約機からも申し込み可能になっているため)の場所を知りたい場合は、以下のサイトから検索することができます。

⇒三井住友銀行内ローン契約機 検索

⇒SMBCモビット ローン申込機 検索

※三井住友銀行内のローン契約機からは、プロミスの申し込みも可能になっています。申込画面から、プロミスかSMBCモビットか選択することができるので、希望のボタンを選び、手続きを進めていきましょう。

SMBCモビット 自動契約機まとめ

今回、SMBCモビットの自動契約機を使った場合の流れなどについて、SMBCモビットに問い合わせした内容をまとめてみましたが、まとめながら私自身、手続きが少しややこしいなと感じました。

申込、書類提出、審査、契約、カード発行という当たり前の流れを無視して、審査の前にカードを発行したり、申込機を出てから必要書類を伝えたり、カードを発行したのに使えるのが郵送物の返信後かもしれないなど、順序を逆にすることで不便なことが増えているように感じるのです。

また、即日キャッシングまでの一連の流れが人それぞれということなので、わかりにくさも感じます。

もちろん、SMBCモビット申込機での滞在時間はどの他社のキャッシングよりも短縮させることができますし、すぐにカードを受取りたい方やスムーズに審査に通過できる方にとってはとても便利な仕組みだとは思います。

しかし、全ての方がスムーズに審査が進むとは限らないので、不便さを感じる方のほうが多いのではないでしょうか。

さらにSMBCモビットには、プロミスアコムのような30日間無利息サービスもない点も重なって、少し残念な気持にもなります。

審査内容は人それぞれ違ってくるのも当然ですし、審査状況によって流れが変わってくるのも仕方ないことだとは思うのですが、もう少し「自動契約機だからこそのメリット」があってもいいのでは?と思ってしまいました。

最近はインターネットからのキャッシング申し込みも主流となってきているので、もしかするとSMBCモビットもWeb完結申込を採用しているだけあって、自動契約機よりインターネット申し込みの方に力を入れているのかもしれませんね。

SMBCモビットのWeb完結を申し込みたい方は以下から行えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加