プロミスの自動契約機(無人契約機)即日キャッシング方法

プロミスの自動契約機(無人契約機)即日キャッシング方法
人のプロミス自動契約機(無人契約機)は、誰にも会わずにカードローンの審査申し込みからカード受け取りまでできてしまうので、内緒でキャッシングしたい方におすすめです。

ただ、「自動契約機を利用したことがないから操作が不安」「無人契約機の中が見えないから入るのが怖い」等と感じている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな方々のために、プロミスの自動契約機(無人契約機)の申込み方法、使い方、待ち時間を短縮する方法、即日でキャッシングする方法などを解説します。

※先にスマホから「インターネットで申込み」をしてから「自動契約機に行く」方法がおすすめです。

詳しくはプロミス自動契約機で待ち時間短縮・即日キャッシング方法をご覧ください。


プロミスの自動契約機でできること

プロミスの自動契約機で行えるのは以下のような手続きになります。

・カードローン審査申し込み
・必要書類スキャン
・審査
・カードローン契約
・カード発行
・契約内容の変更(返済日・融資内容・利用限度額など)※増額の際は身分証明書の提出が必要となります。
・カードの再発行
・カードローン利用明細印刷
・暗証番号の変更

など

このように、プロミスの自動契約機は新規で申し込む方だけではなく、契約中の方でも契約内容やカードに関する変更を行いたいときに利用することができます。

ただし、自動契約機に行けばその場でキャッシングと思う方が多いかもしれませんが、実際には自動契約機はあくまでも契約をするための機械であって、お金を受け取るためにはATMへ行くか、振込手続きをしなければなりません。

※自動契約機がある場所にはたいていATMも併設されているので、契約後ATMからすぐにキャッシングすることは可能です。

※先にインターネットで申込みをしてから、自動契約機にカードを取りに行くとスムーズです。(待ち時間短縮)

詳しくはプロミス自動契約機で待ち時間短縮・即日キャッシング方法をご覧ください。

必要書類の準備

プロミスの自動契約機で審査申し込みをする場合に、持って行くべき書類について見ていきましょう。

①必ず必要な書類
■本人確認書類
■在留カードもしくは特別永住者証明書(外国籍の場合)

本人確認書類の種類については以下の通りです。

・運転免許証
・パスポート
・健康保険証+住民票など

顔写真付きのものが好ましいのですが、免許証やパスポートがない場合は、健康保険証と住所がわかる書類の両方の提出が必要となることがあります。

住民票に限らず、住所などを証明できる書類があれば可能となることもありますが、自動契約機まで行ってから必要書類がないために申し込み不可となってしまうこともあるので、確実な融資を希望している場合は、可能な限りの証明書は持って行った方が安全ですね。

さらに、確認書類の住所が現住所と異なる場合は、追加で以下のような書類が必要となります。

・納税証明書
・住民票
・公共料金領収書

など。

申し込みに行く場合は、免許証やパスポートの住所も確認しておきましょう。

②用意しておいた方が安全な書類
■収入証明書(最新の源泉徴収票や確定申告書、直近2か月の給与明細書、1年分の賞与証明書など)
■在籍確認書類(社会保険証、給与明細書、写真付き社員証など)

本人確認書類のように、絶対に必要なものではありませんが、借入希望額や審査の状況次第で必要となることがあります。

基本的には、50万円を超える借入の場合か、もしくは他社の借り入れ額と今回の借り入れ希望額を合わせると100万円を超えてしまう場合のみ、収入証明書が必要となる決まりになっています。

しかし、審査状況によっては、少額の借り入れ希望でも収入証明書の提出を依頼される場合もありますし、収入証明書を提出することで限度額を引き上げてもらえる場合もあります。

また、社会保険証や給与明細書などを提出することで、勤務先に在籍していることが確認できれば、在籍確認を省いてもらえることもあるので、用意できるのであれば、持参したほうがスピーディーかつスムーズな手続きとなるかもしれません。

特に土日や祝日など、勤務先がお休みで在籍確認ができない場合などは、収入を証明する書類があると便利です。

実際、プロミスに電話をかけて、勤務先がお休みで在籍確認が取れないと審査に通過できないのか確認してみたのですが、

「在籍していることがわるような給与証明書などがあれば、審査をそのまま進め、カードを発行し、後日在籍確認をするという方法も取れますが、何も証明書がない場合は審査に通過できないこともあるので、可能であれば用意しておいた方が安全です」

とのことでした。

ただし、在籍確認ができる書類を提出しても、審査状況によっては通過できないこともあります。あくまでもその人の申し込み内容と借り入れ状況、収入などから審査するので、何も問題がなく審査が進行していた場合に限り、ということでした。

プロミス自動契約機の使い方

プロミス自動契約機の使い方
プロミスの自動契約機(無人契約機)での操作方法について見ていきましょう。審査申し込みから全ての手続きを自動契約機から行う場合は、以下のような流れになります。

①カードローン申込み受付
②必要書類を提出
③審査申し込み
④審査
④カードローン契約
⑤プロミスのローンカード発行

ではひとつずつ詳しく見ていきましょう。

カードローン申込み受付

プロミスの自動契約機(無人契約機)はパソコンのような画面がついた機械になっていて、画面にタッチしながら進められるタッチパネル式となっています。

画面の隣には受話器もついています。

この受話器はプロミス直通となっているので、わからない点はこちらから質問するとプロミスのオペレーターが親切に操作方法を教えてくれます。

個室なので操作がわからなかったらどうしよう?などと不安になる必要はありませんね。

では、まず受付からスタートしましょう。

画面の指示に従いながら、氏名や生年月日などの簡単な情報を入力していきます。

必要書類を提出

カードローンの申込み受付が終了すると、次に本人確認書類の提出となります。

画面の指示に従い、指定の場所に本人確認書類をセットしましょう。スキャナーが読み取り、その内容がプロミスへ送り届けられます。

収入証明書は必要な場合のみの提出で大丈夫です。「持参なし」の項目もあるので、用意していない場合は、このボタンに触れることで次の操作に移ることができます。

審査申し込み

必要書類の提出が完了すると、申し込み用紙が出てきます。

申し込み用紙に必要事項をシッカリ記入しましょう。

自動契約機で申し込むと、画面のタッチ操作で全ての手続きが完了しそうですが、実際にはこのように直筆で記入するという作業が待っています。この記入が面倒な場合はインターネットなどから申し込むといいかもしれませんね。

記入内容は以下のようなものになります。

・申し込み日
・氏名
・生年月日
・住所
・Eメールアドレス
・年収
・勤務先名、勤務先の住所
・他社からの借り入れ額
・希望借入額

など。

誤字脱字のないよう、きちんと丁寧に記入しましょう。記入を終えたら、本人確認書類をスキャンした時と同じように申込書もセットし、スキャンします。

審査

申込書の提出が終わると、審査が開始されます。審査が完了し無事カードが発行されるまではその中で待機しましょう。(※この待ち時間を短縮したい方はネットで申し込んでカード受取を自動契約機にすることをおすすめします)

外へ出てしまうと個人情報が他人に見られてしまう危険性があります。

審査にかかる時間をプロミスコールセンターに電話で確認したところ、たいていの方は30分~40分程度で終了しますとのことでしたが、審査状況によっては時間がかかってしまうこともあるそうです。

ただし、この30分~40分という時間は、申込書と確認書類を提出してからの時間ではなく、受付を開始してからの時間だそうです。プロミス自動契約機に入って、受付開始ボタンを押してから30分~40分ということですね。

無駄に待ち時間だけが長いのではないかとプロミスへ電話で確認してみたのですが、「タッチパネルで入力したり、申込書に記入している間も同時進行で審査が進められているので、それほど長時間待ち続けるということはないと思います」とのことでした。

また、申し込み書提出後は、利用の説明などが画面に流れるそうなので、飽きることもなさそうですね。

プロミスの審査が完了すると審査結果が画面に表示されます。

決定した利率や借り入れ極度額、支払日などが表示されるので、確認後、大丈夫であれば、OKボタンを押します。

もし借り入れ内容を変更したい場合は、設置されている受話器でプロミスのオペレーターに伝えましょう。限度額増額はできませんが、減額は可能です。

特に問題がなければ、オペレーターと会話することもなく、手続を終了させることができます。

アコムの自動契約機「むじんくん」の場合は、必ず担当オペレーターと会話しなければならないのですが、プロミスの場合は特にしゃべることなくタッチパネルの操作と申込書の記入だけで完了させることができるそうです。(申し込み内容に何か問題があり、確認したい事項があった場合は、担当オペレーターの方から受話器を通して連絡が来ることもあります)

カードローン契約書類発行

OKボタンの押すと、契約内容が記載された契約内容説明書が印刷されてきます。ここでカードの暗証番号入力を命じられるので、数字4桁の番号を入力しましょう。

プロミスのローンカード発行

暗証番号の入力が終わるとカードが発行されます。カードを受取ることができれば、すぐにATMからキャッシングすることができます。

※先にインターネットで申込みをしてから、自動契約機にカードを取りに行くとスムーズです。(待ち時間短縮)

プロミス自動契約機で待ち時間短縮・即日キャッシング方法

プロミス自動契約機で待ち時間短縮・即日キャッシング方法
プロミスの自動契約機(無人契約機)では、申し込みからカード発行まで全ての手続きができてしまいますし、カードが自宅に届くことを避けられるので、とても便利ではあるですが、一番お勧めなのは、スマホやパソコンで「インターネットから申し込みをして審査通過の連絡をもらってから自動契約機へ行く方法」です。

審査状況によっては、必要書類も違ってくるからです。

収入や職種などによっては、借り入れ希望額が少なくても収入証明書が必要となる場合もありますし、本人確認書類の種類によってはさらに追加で提出しなければならない書類も増えるかもしれません。

先にインターネットから審査の申し込みをしておけば、審査の結果をもらったときに必要書類を教えてもらうことができるので、きちんと書類を準備してから自動契約機へ行くことができますし、そうすると確実に融資してもらうことができるでしょう。

もし、インターネットで申し込みをせずに、直接自動契約機へ行ってしまうと、急遽必要な書類の提出を依頼され、申し込みを中断し書類を取りに戻らなければならないかもしれません。

これではむだに時間がかかってしまいますね。

また、この他にもインターネットで先に申し込んでおくと、以下のようなメリットが得られます。

・自宅にいながら、先に審査に通過できるかどうかがわかるので、無駄足とならない。

・自動契約機で申し込みから行うと、審査が完了するまでその場で待機しなければならないけれど、自宅から申し込みをしておくと、別のことをしながら結果を待つことができる。自動契約機内での待機時間も減らすことができる。

・申し込み順に審査が行われるので、インターネットで申し込みをしておいてから自動契約機へ行った方がスピーディーな手続きとなる。

・自動契約機で申し込みをすると、申込書に書き込まなければならないが、インターネットからの申し込みだと必要事項を入力するだけで完了。

・カードレスの取引でOKなら、自動契約機へ行かなくてもWebで完結できる。(カードが必要な場合は、郵送か自動契約機で受け取るかを選びます。しかし郵送だと時間がかかってしまうので、自動契約機へ行った方が早いですし、家族に知られたくない借入ならなおさら、郵送じゃないほうがいいですね)

▼参照
https://cyber.promise.co.jp/Pcmain/APD61Control/APD61009
https://xn--110-g73b6mga1c8727bfjgf03c5m3e0dn6np.net/cat3/post_20.html

プロミスのインターネット申し込みは24時間可能なので、いつでも気が向いたときに申し込んでおくことができるのもうれしいですね。

申し込みは以下から可能です。

ただし、平日の18時以降や土日祝日、長期連休、年末年始になると混雑するため、審査にも時間がかかってしまうことが多いです。審査は最短30分と言われていますが、これはあくまでも最短であり、審査の進み具合や混雑具合によっては何時間もかかってしまうこともあるのです。

インターネット申し込みは、確実でスムーズな手続きとなるのであって、インターネット申し込みだから必ず審査が早いというわけではないので、ご了承ください。

また、もし出先で思い立ち、目の前にプロミスの自動契約機があるという場合は、わざわざインターネットから申し込みをするよりも、そのまま自動契約機へ入ってしまった方が早いでしょう。

直接自動契約機へ行く場合は、できれば2度手間とならないよう、可能な限り必要と思われる書類を持って行けるといいですね。

プロミス自動契約機のメリット・デメリット

プロミス自動契約機のメリット

プロミスの自動契約機は完全個室

プロミスの自動契約機は完全な個室となっているので、誰にも見られることなく手続きを進めることができます。中から施錠することもできるので、後から誰かが突然入ってくるということもありません。

ただし、三井住友銀行の契約機は銀行内の一角に仕切りをつけただけの状態になります。

足元と天井が開いた状態なので、オペレーターと会話するとその声が周りに聞こえてしまいますし、足元から誰が入っているのか知られてしまう可能性もあるかもしれません。ただしこちらも施錠可能なので、他の方が間違えて入室してくることはありません。

即日融資、21時までの申し込みOK

即日融資・当日キャッシングを希望する場合、インターネットからやスマートフォンでのアプリローン申し込みは20時までに行わなければなりません。

しかし、プロミス自動契約機からの申し込みにすると、毎日21時までOKです。仕事帰りの場合や、遅い時間にしか都合がつかない方も助かりますね。

ただし、先ほども述べましたように、直接自動契約機へいくと、突然依頼された必要書類を用意できずに中断しなければならなくなるかもしれません。

また、場合によって審査に時間がかかり、即日融資とならないケースもあるので、時間に余裕がある場合は、先にインターネットで申し込みをしておくか、なるべく早めに入店した方が安全です。

オペレーターとの会話は省ける

アコムのように、必ずオペレーターと会話しなければならないわけではありません。(プロミスに電話確認済み)

場合によって確認のために話さなければならないこともあるそうですが、特別問題がなく審査も順調に進む場合は会話しないまま完了します。

会話が苦手な方や、誰とも会わずに手続きを完了させたい方は安心ですね。

しかし、自分から備え付けの受話器を使用してプロミスへ電話をすることも可能です。質問があればいつでも聞けるという安心感もうれしいですね。

プロミス自動契約機のデメリット

自動契約機にはカメラ内蔵

プロミスの自動契約機に行くと誰とも顔を合わせずに手続きができますね。それが最大のメリットでもあるのですが、実は契約機の中にはカメラが内蔵されていて、オペレーターから見られています。

ただし、店頭窓口のように、周りにもたくさんの人がいて、会話も周りに聞こえるような状況とは違うので、自動契約機内で操作をした方がプライバシーは守られます。

一定時間拘束

自動契約機で申し込みを開始すると、審査に時間がかかっても契約機内で待ち続けなければなりません。いったん外出するなどができないので、審査が長びくと不便ですね。

ただし、受付を開始した段階から同時進行で審査は進められているので、申し込み内容に特別な問題がなければ、それほど待ち時間が長いと感じることはないかもしれません。

プロミスの基本情報

営業時間

・プロミス自動契約機:9時~22時 (一部21時までの店舗もあります。土日祝日も営業。1月1日だけお休み)
・三井住友銀行内ローン契約機:9時~21時
・店頭窓口(お客様サービスプラザ):平日10時~18時
・プロミスのATM:7時~24時(1月1日だけお休み)
・提携ATM:24時間(年中無休)
・プロミスコール(0120-24-0365):9時~22時(新規申し込み)、平日9時~18時(各種問い合わせ)
・インターネット:24時間
(※一部店舗は営業時間が異なる場合があります。また情報は随時変更されるので、その都度公式サイトから確認することをお勧めします)

キャッシング内容

・実質年率:4.5%~17.8%
・借入限度額:500万円

プロミスの店舗・自動契約機・ATM 設置場所

プロミスの自動契約機は全国各地に1000台以上設置されています。どのような手続きをしたいか希望に合わせて、以下のサイトから店舗やATMの場所を検索することができるので、参考に活用してみてください。

プロミス店舗・ATM案内

プロミスは、初めて契約した方へ、借入日の翌日から30日間無利息となるサービスを行っています。

契約日の翌日から30日間無利息サービスを行っている会社はいくつかありますが、プロミスのように借り入れ日の翌日からカウントしてくれるのはめずらしいですね。

契約後、借り入れまで期間が開いても、しっかりと30日間の無利息サービスを受けられるのでうれしいです。

また、上限の金利も17.8%と、たいていの消費者金融の金利よりも0.2%低くなっている点も、プロミスの魅力のひとつですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加